貴方のぜいにく落とします!| ホーム | 肥満大国アメリカは、ファーストフードの先進国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリック症候群の予防には・・・

メタボリック症候群の予防の基本は適正な食事です。
メタボリック症候群の予防としてまずしたいことは、自分自身の食事を振り返ってみて、食べ過ぎていないかチェックすることです。
 満腹感を得るため、食べないと体に悪いのではないかという理由でカロリーオーバーの食事をする人もいます。缶コーヒーや清涼飲料をよく飲む人や、スナック菓子を間食などで食べる習慣のある人なども、メタボリック症候群の予備群となるでしょう。

 まずはこのような食生活の改善をすることからメタボリック症候群の予防を始めましょう。人が一日に必要とするカロリーは、適正体重により決められています。
自分の適性体重を知るには身長(m)×身長(m)×22で計算します。
1日に必要とされるエネルギー量は、適性体重1kgあたり、体をよく動かす仕事の人だと35~40キロカロリーで、立ち仕事や外回りの仕事の人で30~35キロカロリー、そしてデスクワークの人なら25~30キロカロリーが目安だといわれています。
このカロリーの目安を頭に入れた上で食事をするようにすると、メタボリック症候群の予防になるでしょう。

 必要なカロリーを超えないように食事をするだけでなく、よくかんで食べることも、メタボリック症候群の予防につながることなのです。
 よくかんで物を食べると消化吸収が良くなる上、食事にかける時間も長くなるので、少ない量で満腹中枢が満たされやすくなります。食べ過ぎることを防ぐという意味で、メタボリック症候群になるのを防ぐためには有効的な法方だといえます。

スポンサーサイト

村本エリカ.COM

村本さんとこのアフィリエイトセンターはご存知でしょうか。実は、ブログやサイトにアップできる記事が用意されていて、何も考えなくてもコンテンツが増えていくんですよ。やることはコピー&ペーストして貼り付けるだけで報酬がもらえるんですよ。 >>村本エリカ.com アフィリエイト

無料レポート

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー


貴方のぜいにく落とします!| ホーム | 肥満大国アメリカは、ファーストフードの先進国
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。